Philips 飞利浦 Breeze Mask 次世代型マスク「フィリップス ブリーズマスク」

「フィリップス ブリーズマスク」は、N95規格フィルター付きの次世代型マスクを開発しました。小型の排気用電動ファンを搭載してるのが特徴のマスクです。これは新型コロナ対策だけでなく、花粉症対策としてもマスクは使用されましたので、この商品は発表当初から注目し、購入しました。

フィリップス・ジャパンは、小型の排気用電動ファンを搭載したマスクを発想した、従来のマスクより、常に新鮮な空気が流入するため息苦しくなく、湿めらず、涼しさを保つとし、匂いによる不快感や眼鏡の曇りなども軽減するということです。マスクに付けているファンは日本製で、毎分41Lの空気を下向きに排出します。ファンの風量は3段階に繰り替え可能で、駆動時間は約2~3.5時間です。充電方式はマイクロUSBで、充電時間は約3時間満タンになります。

マスクを買う人達は、息苦しいことと、曇りやすい、暑いところで涼しくなりという点です。ブリーズマスクは排気用ファンを搭載することでこの悩みについて解決してくれます。フィルターはN95規格に対応した使い捨てで、飛沫、PM2.5、細菌、ウィルス、花粉から保護します。PM2.5や花粉は95%、細菌は99%、ウィルスは98.87%をカットするということで。使用時間は使用地域のPM2.5濃度により、日本では1週間程度使える可能性があるとしています。フィルターは購入時に1枚付属し、別売の交換フィルターは1箱5枚入りで約1,595円(税込)です。

マスク本体は有害物質をブロックしながら空気が通るよう設計されたメッシュ素材を採用。熱成形により堅牢さと弾力のバランスを両立した。顔に自然にフィットする3Dデザインで、ヨーロッパのデザインチームによりアジアンフィットを意識して開発された。

使い捨てマスクとは異なる構造

ブリーズマスクは、大きく分けてマスクの外装部分、排気用電動ファン、フィルターの3つで構成されています。まず最初に気がつくのは外装部分が硬めで一般的なマスクとは質感が異なることでしょう。

外装部分には排気用電動ファンが取り付けられていて、その上からN95準拠のフィルターをセットして使用します。固い外装に電動ファンを取り付けるのでファンはしっかり固定されています。洗濯をしたい時などには取り外すこともできます。

電動ファンは充電式で、風量は3段階に切り替え可能。充電は本体から取り外すことなくそのまま充電ができるのは助かります。マスクの外装部分の大きさは1種類しかありませんが、外装部分には耳掛け用の紐があり、この長さを調整することで装着感の調整が可能です。公式情報によるとマスクの縦方向のサイズは鼻の付け根からあごまで12cm以下の長さの人に適しているそうです。

また、フィルターは使い捨てになります。本体購入時に1枚付属しますが、交換タイミングは個人差があるとは思いますが、日本では1枚あたり1週間程度使えるそうです。

眼鏡が曇らない

さて、n95のマスクは実際に肌と密着するので、息苦しくなります。ブリーズマスクは外装の堅さとその形状のおかげで、呼吸時に口や鼻にマスクがまとわりつきにくく、そもそも呼吸が楽です。ファンによって強制的に外気を取り入れるので息苦しさはほとんど感じませんでした。購入された人に一番嬉しかったのは、眼鏡をかけている時に息でガラスが曇らないこと。ここれが花粉の時期は困りもので、マスクを付けると息をする度にゴーグルが曇り視界が遮られます。

ブリーズマスクは電動ファンにより温かい息をファンの排気口から強制排気してくれるおかげで熱がこもりにくく、ゴーグルの曇りがほとんど気になりません。ファンの風量は一番弱い状態でもそこそこ効果があり、意外と許容範囲。強状態ならほぼ曇る心配がなく、熱がこもった息が鼻の上のあたりから漏れる感じがしません。これは本当にスバラシイ。この一点だけをとっても他のデメリットはどうでもよくなりました。ただ、ファンの効果も確かにありますが、鼻の部分についているスポンジによって熱気が隙間から逃げにくくなってもいるようです。いずれにしろ効果があることは確かです。

満足されてないところ

①使ってみて消費者たちは電動ファンが付いていることから重量があるということです。

公式情報によると重量はファン、フィルターなどを含んで約60gです。使い捨てマスクなどは大抵数グラム程度の重量ですので、かなり重いほうと言えます。マスクの先端部分に「おもり」が付いているような状態なので、マスクが常に引っ張られているような感じが若干あります。耳掛け部分に別売のシリコンのアタッチメントを付けるなど、工夫すれば装着感は上がりそうです。

②マスクのファンの速度は強・中・弱の3段階ありますが、中以上はけっこう音がうるさいです。特に強となると、すれ違う人が振り返るレベルで音が鳴ります。

③最後に重要な注意点があります。本製品は「屋外用」とすすめます。屋内での使用は推奨されていません。構造により、排気をまき散らしてしまうことだと思われます。マスクの排気自体はフィルターを経由して排気されるのでウイルスなどをまき散らすような構造です。

次期モデルでは電動ファンの軽量化や長時間駆動化、できればファンの音が小さくなることを期待したいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次