白い肌になるのはできるのか?美白を手に入れるための方法

Mei-YY スクレーパーボード、フェイシャル・クリスタルフェイスアーティファクト透明トライアングル美容機器、一般的なボディホリデーギフト、ファインテクスチャー

なぜ肌は黒くなるのでしょうか?その原因について詳しくみていきましょう。

白い肌やシミのない肌、くすみのない肌は女性の憧れですが、「具体的にどういうケアをすればいいか?」という悩みをお持ちの方もいるかと思います。その原因を知り、今よりも白く美しい肌を目指していきたい方に、肌を白くする方法についてお伝えします。

なお、わかりやすくお伝えするために「白くする」という言葉を使いますが、みなさまもご存じのとおり、肌の色はひとそれぞれです。あくまでも「シミの増えにくい、くすみのない、自分にとってのクリアな肌」という意味であることをご理解ください。

肌はなぜ色が暗くなりますか?主な原因は以下の点です:

メラニン色素

メラニン色素とは、肌が摩擦や紫外線を受けたときにメラノサイトから生成される色素です。紫外線や摩擦などの刺激が肌の内部に侵入するのを防いでいます。もし、メラニン色素が生成されなければ、紫外線がDNAに悪影響を与え皮膚がんのリスクを高めてしまいます。このように、必ずしもメラニン色素は悪いものとはいえないのです。肌の中で「メラニン色素」という成分の量が増えると、肌の色が濃くなります。

メラニン色素は、肌のターンオーバーによって排出されるため、すぐにシミやくすみになる心配はありません。ターンオーバーを整えるために、正しい洗顔や生活習慣の改善などを徹底することでシミやくすみを防げるでしょう。

紫外線

紫外線にも種類があります。地球上において私たちの肌に届くのは、次の2つの紫外線です。

・A波…肌の深層まで届いてダメージを与え、シワやたるみなど肌の老化を引きおこす
・B波…毒素が強く、肌に強く作用する。炎症、シミやソバカスの原因となるだけでなく、皮膚がんや免疫低下の原因にもなる

紫外線は、肌の表面にやけどのような症状を引き起こします。それによってメラニン色素が生成され、肌に沈着することで肌が黒くなるのです。日焼けはしばらくすると改善しますが、強い日焼けが起きた場合はメラニン色素が多量に生成されるため、排出が追いつかないことでシミやくすみになる恐れがあります。

後一つは紫外線は『光老化』の原因です。『光老化』という言葉があります。これは『自然老化』と違い、加齢だけによる自然なものでなく、紫外線(光)によって、いわば「自然な老化に上乗せされてしまう老化」のことです。たとえば、昔から日光を浴びる機会が比較的少なかった人は、高齢になってもシミやそばかすやシワが少なく、肌そのものも柔らかさを保っています。「日光=紫外線」を浴びたことによる老化現象は非常に多いため、たとえ美容に興味がないという方であっても、健康のために注意が必要なのです。

乾燥や肌荒れによるくすみ

肌が乾燥している状態は、キメが乱れて凹凸ができています。その凹凸の影によって肌が暗く見えてしまうのです。また、空気中の化学物質や皮脂汚れなどが原因で肌荒れが起きると、炎症に伴ってメラニン色素が生成され、結果的にくすみになる場合あります。特にシミがあるわけではないのに、「全体的に肌の色が濃く見える」ことを「肌がくすんでいる」と表現することがあります。単純に個性として、肌の色が濃いだけであれば問題はありません。しかし、よく見ると肌が乾燥していたりキメが乱れていたりする場合、「透明感がない」ということであり、よい状態とは言えません。

肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、簡単に肌荒れが起こります。そのため乾燥と肌荒れによるくすみを防ぐには乾燥対策が必要です。肌が乾燥する原因は、水分不足や過度な洗顔、日焼け、空気の乾燥などです。肌が乾燥する全ての原因に対処して、日々のスキンケアを欠かさないことで乾燥を防げるでしょう。

白い肌に憧れている方は多いのではないでしょうか。そもそも肌の色を白くできるのか気になる方もいるでしょう。白い肌へと導くには、肌が黒くなる原因を取り除く必要があります。ここでは美しい白い肌を手に入れる方法を4つ厳選してご紹介します。

 

くすみ出るの原因
・乾燥によるくすみ…肌細胞が水分を失い、細胞と細胞の間にすきまができてしまう状態
・メラニンによるくすみ…紫外線を浴びることによって分泌されたメラニン色素が、排出しきれていない状態
・血行不良によるくすみ…血行不良により肌に水分や栄養素が行き渡らず、不健康になってしまう状態
・糖化によるくすみ…透明であるはずのコラーゲンが「糖化」(※)され、黄色や褐色になってしまう状態
・角質によるくすみ…弾力と透明感を失った古い角質が、ターンオーバーで排出されず残ってしまう状態

※糖化とは
余分に摂取し体内に残った「糖質」が、たんぱく質などと結びつき、細胞の質を劣化させてしまう現象。「メイラード反応」とも呼ばれています。

目次

白い肌にする方法

  1. 美白化粧品を使う 美白化粧品とは、メラニン色素の生成を抑えたり還元を促したりする成分が含まれた化粧品です。 .
  2. 紫外線対策を怠らない
  3. 美白に効果的な栄養素を摂取する
  4. 生活リズムを整える(睡眠・運動・ストレスをためない など)

そもそも白い肌を手に入れることはできるのか、気になる方は多いのではないでしょうか。その疑問にお答えします。

肌の状態をよくすれば明るい肌になってくる

肌が黒くなる原因は、シミやそばかす、くすみ、日焼けなどで肌の状態が悪くなることです。そのため肌の状態を改善することで自然に明るい肌に戻ります。

日焼けを避けるなどして黒くならないようにする

白い肌を手に入れるためのケアを続けていても、なかなか白くならないケースがあります。これは日焼けや摩擦など、肌が黒くなる原因に対処できていないためです。紫外線や摩擦の影響でメラニン色素が生成されると、肌がくすみます。また加齢や生活習慣の乱れなどの影響でターンオーバーが遅れていると、排出しきれないメラニン色素が肌に沈着します。

白い肌を手に入れたい方は、日焼けや摩擦を徹底的に防ぎましょう。日焼けを防ぐには、日焼け止めクリームを塗るだけではなく、日傘や帽子、UVカットのインナーなどを活用する必要があります。また摩擦を防ぐために洗顔方法を見直したり、スクラブ洗顔や過度なピーリングを控えたりすることも大切です。

もともと肌の色が黒い人は難しいこともある

肌を白くできるのは事実ですが、もともとの色よりも白くはできません。つまり、もともと肌の色が黒い人は、白い肌を手に入れることが難しいのです。

それでは、白い肌へと導く方法を4つに厳選してご紹介します。

美白化粧品を使う

美白化粧品とは、メラニン色素の生成を抑えたり還元を促したりする成分が含まれた化粧品です。美白成分には、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、ハイドロキノン、エラグ酸などがあります。メラニン色素の生成を抑える成分、還元を促す成分、その両方の作用がある成分があり、化粧品によって種類と配合量が異なります。

化粧品には、「美白成分」と呼ばれる成分を配合したものがあります。メラニンの分泌を抑えたり、色素として沈着するのを防いだりする効果があるなど、成分によって肌に働きかける作用も異なります。自分に合ったものを見つけ、毎日ケアを繰り返すことで、シミをしっかりと防ぐようにしましょう。美白成分がある化粧品を毎日使うことで、メラニン色素によるシミやくすみが少ない肌へと導けるでしょう。

紫外線対策を怠らない

どれだけ美白化粧品でケアをしていても、紫外線対策ができていない場合は肌を白くできません。紫外線対策のポイントは、日焼け止めクリームをこまめに塗り直すことです。日焼け止めクリームは汗で流れるため、SPFやPAの値が高いものでも塗り直す必要があります。また、帽子やサングラス、日傘、アームカバー、UVカットインナーなど、複数のアイテムを取り入れて、紫外線を徹底的にブロックしましょう。

【紫外線から肌を守る方法】

・真夏だけではなく、一年中紫外線対策を心がける(太陽が出ていないときにも紫外線は降り注いでいるため)
・ニキビやケガなどの炎症がある場合は、特に紫外線を当てないようカバーする
・紫外線防止(UVカット)ケアは複数の方法を行う。日焼け止めクリームや日傘、帽子、サングラスなども併用する
・日焼け止めクリームは2~3時間おきに塗り直す
・外出は紫外線の強い時間帯をさける

美白に効果的な栄養素を摂取する

美白に効果的な栄養素とは、メラニン色素の生成を抑えたり還元を促したりするほか、抗酸化作用によって過酸化脂質の発生を抑える働きがある栄養素のことです。これにはビタミンCとビタミンE、リコピン、ビタミンAなどが該当します。

美白に効果的な栄養素をバランスよく摂るために、野菜や果物、魚介類などを意識的に食べましょう。赤ピーマンやトマト、アーモンド、イチゴ、キウイなどには、美白効果が期待できる栄養素が豊富に含まれているため、1日1回は食べることが大切です。

生活リズムを整える(睡眠・運動・ストレスをためない など)

メラニン色素の排出を促すためにターンオーバーを整えましょう。ターンオーバーには、熟睡しているときに多く分泌される成長ホルモンと、タンパク質やビタミン類などが必要です。また栄養が血液によって肌へと十分に届けられている必要があります。

十分かつ良質な睡眠をとりつつ、血流を促すために適度な運動を習慣づけましょう。過度のストレスは血管の収縮を招き、血流を低下させてしまいます。ストレスを完全に防ぐことは難しいため、こまめに発散させることを意識してみてください。

まとめ

白い肌に導くには、紫外線や摩擦、乾燥などを防ぎつつ、美白効果が期待できる栄養素の摂取、美白化粧品によるケアなどを続ける必要があります。本来の色よりも白くはなりませんが、美白ケアを習慣づけることで肌の白さを取り戻せるでしょう。まずは、肌が黒くなる原因が日々のスキンケアや生活習慣に隠れていないかチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次