室外キャンプ攻略―--最低限の必要なもので楽しく自然へ出発

landscape photography of body of water near mountains

 

室外へ行く時、荷物の量は本当に少なくなりたいけど、これも欲しい、あれも欲しくなるじゃないですか、どんどん最初予想したものより多くになりました。今までキャンプした経験に基づいて、本当に必要なものをまとめます。

「参考のため」キャンプに最低限必要な持ち物リストを作りました

  • テント・タープ
  • ランタン・ライト・懐中電灯
  • 折り畳みテーブル・椅子
  • 寝袋・シュラフ
  • マット・シート
  • 調理器具・コンロ
  • 食器
  • キャリーワゴン
  • ペグ・ハンマーなどその他便利グッズ
目次

テント・タープ

夏場はやはり紫外線も強いし、急に雨も降ります。その時はテントとタープが必要です。もし水遊びで着替え室がなければ、テントはすごく便利だとおもわれますよ。市販の夏場も快適に使用できる多人用のヘキサタープや、テントなど、シールド加工を施しており、直射日光下でも日差しを軽減して幕下を涼しく保てます。

 大きいサイズのタープ内に設置したテーブルの温度を低い状態でキープできるため、日中もストレスなく食事を楽しむことが可能です。後、どんな形のテントでも耐水性と防水性に優れているのもポインです。

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88/?l-id=pc_header_search_suggest

ランタン・ライト・懐中電灯

 ライトと懐中電灯実は電池式の方が多いです。今人気の方はバッテリーを内蔵したLEDランタン。ダイヤルを回すだけで、キャンドルのような暖色から読書灯にぴったりな温白色まで、光を調節できます。食事時には暖色で特別感を演出したり、夜のテント内では温白色で明るさを確保したりと、シーンに応じて使い分け可能です。約数時間充電すれば、3~50時間連続使用可能。電池交換は不要のメリットです。

折り畳みテーブル・椅子

アウトドアの必需品として用意しておきたいのが「チェア」。座り心地はもちろん、収納時のサイズやドリンクホルダーの有無も確認しておくのがポイントです。また、自分好みのおしゃれなチェアを見つけられれば、よりアウトドアを楽しめます。

寝袋・シュラフ

「シュラフ」には、大きく分けて「封筒型」と「マミー型」の2タイプがあります。封筒型のシュラフは、寝るときに布団に近い感覚を得られるのが特徴。

一方、マミー型のシュラフは、軽くてコンパクトに収納できるのが魅力です。加えて、季節に合ったモノを選ぶことが重要。購入前に夏用か冬用かを確認しておきましょう。https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%81%AD%E5%AF%9D%E8%A2%8B%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%95+/?p=3

   室外の温度差が激しので、夜泊する時、断熱効果であるのマートを使用してもいいですよ。

マット・シート

空気を入れて使用するタイプのマットです。付属の収納ケースをマットに接続することで、空気を入れることが可能。5cmと厚みがあるので、ゴツゴツした地面や車中泊など、あらゆるシーンで快適な寝心地を確保できます。同一品番同士をつなげて、さらにワイドに使用することも可能。ゆとりを持って寝たい方や、小さな子供と一緒に使いたい方にも適しています。

調理器具・コンロ

この便利コンロはおすすめです。キャンプやバーベキューでも使える、持ち運びしやすいカセットコンロです。耐荷重は10kgと頑丈で、8インチまでのダッチオーブンが使用可能。鍋は、上面の内径が20cm以下、鍋底が11cm以上であれば使用できます。また、多孔式バーナーを採用しているため、火足が短いのも特徴。風の影響を軽減し、火が消えにくいのがポイントです。さらに、収納・保管ができる専用キャリングケースも付属しており、安全に持ち運びできます。

食器

プレート・ボウル・コップ・スプーン・箸が多人分揃う食器セット。2家族や友人同士など、大勢でキャンプを楽しみたいときにおすすめのアイテムです。ボックスケース付きで、食器類をすべて収納できます。メイン素材にはプラスチック、紙などを採用。耐熱温度は約90℃と高いため、温かいスープを入れたり料理を盛ったりする食器として活用できます。総重量は約1.17kgと軽量なので、ケースに食器類をすべて入れて洗い場まで持ち運び可能。片付けもラクに行えるので便利です。

植物性オイルをサビ防止として塗っており、使用前に洗浄・加熱を繰り返すシーズニングが不要なダッチオーブン。また、脚なしの鍋底設計により、アウトドアだけでなく、家庭のIHコンロで使えるのも特徴です。さらに、持ち運びしやすい専用キャリーバッグが付いてくるのも魅力。油染みしにくいポリエステル素材を使っているため、収納する際にまわりのモノが汚れるのを防ぎます。お鍋の方は置き方の方をおすすめます。

キャリーワゴン

キャンプやバーベキューなどアウトドアレジャーでは重い荷物を運ぶことが何より苦痛でした。とくに普段忙しい女性にとって余分な力仕事を休日まで使うなんてとても問題外です。私もせっかくの楽しい時間をもっと楽しく過ごしたい!重い荷物を運びたくなくてアウトドアが嫌いでした。もっと簡単に沢山運ぶことができたらいいな。


そして絶対にダサいワゴンは使いたくない!そんな声をたくさんいただき、おしゃれに軽く活用でき、軽量でコスパにも優れたウルコナブランド第一弾としてアウトドアワゴンを開発しました。確かにコールマンやロゴス、キャプテンスタッグ、スノーピーク、クイックキャンプ、アルペンなどの売れ筋有名ブランドは素晴らしいです。

自分の世界を作りに来たのに身近なアイテムが大勢と被ってしまうなんてもったいないとウルコナは考えました。

ペグ・ハンマーなどその他便利グッズ

ペグ・ハンマー ぺグハンマーは、テントやタープを設置する時に使います。たまに、修理道具が必要です。一緒に持つのは本当に便利です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次