低糖質ふすま粉パンのために全粒粉のパンだけを食べる? 高タンパク、低脂肪、低糖質のパンが美味しくなる

baguette breads

低糖質ふすま粉パンのために全粒粉のパンだけを食べる? 高タンパク、低脂肪、低糖質のパンが美味しくなる。脂肪を減らすことと筋肉をつけることの両方に反映されていることがわかります。 脂肪を減らすためには、全粒粉のパンを朝食や夕食に食べることが多くのジム通いの人の食卓にのぼります。 見つける価値はある。

フィットネスのために全粒粉パンを食べるのはなぜですか?
全粒粉パンは、ふすまと胚芽を残した全粒粉から作られ、細かく加工されておらず、自然発酵で作られており、食物繊維が豊富で、食感はざらざらしていて、味は少し酸味があります。脂肪を減らすという夢のためには、やはりそれにこだわるのはとても立派なことだと思います。

本物の全粒粉パンは、硬くてザラザラした味のものがいい。 ですから、ソフトな味の「全粒粉」パンを買ったら、ラベルをよく見てください。 最初の材料がパン用小麦粉で、2番目から3番目が全粒粉であれば、それは間違いなく本物の全粒粉パンではありません。

全粒粉パンのカロリーは約278kcal/100gと低くはありませんが、GI(グリセミック・インデックス)が低く、GI値の低い食品は腸管に入るのに時間がかかり、消化吸収がゆっくりなので、血糖値を安定した状態に保ち、満腹感を得ることができます。

フィットネスの世界で全粒粉パンが目立つのは、カロリーの低さではなく、満腹感とGI値の低さで、食事の量を効果的に減らすことができ、脂肪の減少を達成できるように見えるからですが、果たしてそうでしょうか。

全粒粉パンは低たんぱく質
全粒粉パンには、小麦を小麦粉に加工した後に残る皮であるグラニュー糖が含まれています。 たしかに食物繊維は豊富ですが、胃腸の働きが悪い人や消化器系の病気の人にとっては、長期的な摂取は胃腸に負担をかけ、栄養素の吸収や利用に影響を与える可能性があります。

全粒粉パンは、1日に必要なビタミンを満たしていないだけでなく、カルシウムや鉄分などの栄養素が不足し、簡単に栄養不足に陥り、最終的には体重が減らないどころか、体が崩壊してしまいます。

全粒粉パンのタンパク質含有量は非常に低いので、脂肪の減少は明らかではなく、筋肉の増加も期待できないので、全粒粉パンを食べることは科学的な選択ではありません。

高タンパクなワークアウト用のパンはありますか?
脂肪を減らし、筋肉をつけるためには、低脂肪、低カロリー、低炭水化物、高タンパク質の食事が必要ですが、そのような食事にちょうど良いと思われるパンミックスがあります。

ドイツ人栄養士のダグマー・ダニエルズ氏が開発した、小麦の代わりにキヌアとチアシードを使うことで、栄養面で必要な高たんぱく質と、健康的な食生活に必要な低脂肪・低カロリー・低炭水化物を実現したパンの秘伝レシピ「Minutenbrot」のパンミックスがドイツで発売されました。

Minutenbrotのパンミックスは、バランスのとれた食生活のための健康的な選択肢です。 まず、原材料にチアシードやゴジベリーなどのスーパーフードが全体の20%の割合で多く含まれていること、次に、タンパク質の含有量が18%と同種の主食に比べて高いこと、さらに、従来のパンの原材料から小麦を排除して低炭水化物化を実現しており、低炭水化物ダイエットを行う人のニーズに適していることが挙げられます。

おいしくダイエットができると今話題の【低糖質ふすま粉パン】

ドイツのミヌテンブロートパン用粉は、オメガ3を豊富に含み、100gあたりのエネルギーはヨーロッパのソフトパンに比べて68%減の202kcal、炭水化物は86%減の6.8gしかありません。 エネルギーのほとんどを良質なタンパク質が占めています。100gあたり21gのタンパク質は、ソフトロールと比較して160%増加しており、高タンパク質で低炭水化物の真のヘルシー製品です。 さらに、スーパーフードであるチアシードとフラックスシードを30%配合し、食物繊維を増やすことで、より満腹感のあるヘルシーな食感を実現しました。

糖質88%OFF&糖類ゼロで食べられるダイエット【低糖質ふすま粉パン】

ミンテンブロートのパンミックスは、全粒粉のパンに比べて、防腐剤、イースト、乳糖を使用していません。 酸味がなく、べたつかず、おいしく、超簡単に作ることができるので、自宅で電子レンジで3分ほど加熱すれば、穀物の自然な風味が口の中にあふれる、新鮮なオリジナルのドイツパンを食べることができます。 これが一番の特徴で、ブレインストーミングで自分だけのオリジナルレシピを作ることができます。

給食パン製造50年の老舗オーマイパンが作るおいしい【低糖質ふすま粉パン】

スプーン8杯分のパン用粉約80gを使い、水75mlを加えます。ミネラルウォーターや炭酸水がおすすめで、パンがよりふわっとします。 また、牛乳を使うことでパンの栄養価を高めることもできますし、独自のレシピを考案することもできます。 よくかき混ぜて、800Wの電子レンジで3分間加熱する。

朝食、夕食、エネルギー補給のためのスナックとして最適で、24時間以内に美味しく食べられます。 フルーツや野菜がたっぷり入っているので、ジムでの食事にも最適です。

糖質88%OFF&糖類ゼロで食べられるダイエット【低糖質ふすま粉パン】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次