コエンザイムQ10 についてand日常生活で Q10 を使用する

あわせて読みたい
【楽天市場】q10の通販 楽天市場-「q10」131,775件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽...
エンザイムQ10(英略CoQ10、別名ユビキノン)は、エネルギー生産、フリーラジカル、代謝、老化に関与しており、若返りのための栄養素として知られています。構造的にはいくつかのビタミン(ビタミンKなど)と似ていますが、ビタミンが食事から摂取する必要があるのに対し、CoQ10は体内(主にミトコンドリア内)で合成されるため、ビタミンとは言えません。
 
CoQ10はすべての組織で合成されるため、通常、体外からの補給に頼ることはありません。 しかし、内因性の生合成は加齢とともに減少する傾向があり、さらに、多くの病態生理において組織内のコエンザイムQ10が損なわれている可能性があります。 このような場合、血中および組織中の正常なレベルを維持するために、外因性のコエンザイムQ10を補充する必要があるかもしれません。
 
コエンザイムQ10はユビキノンとも呼ばれ、その偏在性からエネルギー生産に関与するほか、フリーラジカルと戦い、代謝を促進し、老化を遅らせるなど、若返りの栄養素として知られています。
https://www.amazon.co.jp/s?k=q10&page=10&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=285G9XQEY5UU1&qid=1659506626&sprefix=q10%2Caps%2C226&ref=sr_pg_10

目次

コエンザイムQ10とは?

1.コエンザイムQ10は血中脂質の調節に有効です

2.コエンザイムQ10は運動による疲労を改善します。

3.コエンザイムQ10は血管内皮機能に有益です。

4.コエンザイムQ10は疾病に伴う疲労を改善します。

5.コエンザイムQ10は炎症マーカーを改善する

6.コエンザイムQ10は男性不妊に効果あり

12.コエンザイムQ10は高血圧に効果的です。

13.コエンザイムQ10は多嚢胞性卵巣症候群に効果あり

14.コエンザイムQ10がパーキンソン病を改善する

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10は、ベンゾキノン環と疎水性のイソプレノイド鎖が結合してできた、あらゆる種の組織や細胞、主にミトコンドリア内膜に存在する天然由来の補酵素であります。 ヒトのミトコンドリアでは、コエンザイムQは主に10個のイソプレノイド基を含んでおり、そのためコエンザイムQ10と呼ばれている.

コエンザイムQ10(CoQ10)は、ごく一部は食事から摂取されます。 コエンザイムQ10は、ミトコンドリア電子輸送連鎖の重要なメディエーターで、主にアデノシン三リン酸(ATP)の合成に関与し、筋収縮などの重要な細胞機能のエネルギー源となるため、すべての細胞に影響を与え、健康に不可欠な物質です。 DNAの酸化。 コエンザイムQ10の動物性供給源としては、牛肉、鶏肉、豚レバー、卵、油性の魚(ニシン、サケ、サケ、マグロなど)などがあります。 植物性のものでは、ナッツ類、オレンジ、イチゴ、ほうれん草、カリフラワー、ブロッコリー、レンズ豆、大豆などです。 食品でもサプリメントでも、吸収率にほとんど差がないことが研究で明らかになっています。

コエンザイムQ10の実証された効果(効能)は何ですか?

1.コエンザイムQ10は脂質の調整に有効です

 2.コエンザイムQ10による身体活動関連の疲労改善効果があります。

 3.コエンザイムQ10の内皮機能への効果

血管内皮は、血管の内腔を覆って循環血液を隔てている活発な単層細胞であり、高い選択性を持つバリアであると同時に代謝的にも活発で、止血・血栓症、局所血管緊張・酸化還元恒常性の調節、動脈血管壁内の急性・慢性炎症反応の調整などに重要な役割を果たす器官である。 文献を総合的に分析すると、コエンザイムQ10は、血流を介した拡張を通じて内皮機能を有意に改善することが示唆されています。

4.コエンザイムQ10が疲労を改善する

疲労は、仕事に対する能力や意欲の低下につながり、多くの場合、疲労感や眠気を伴います。 経口補酵素Q10は、自己申告による疲労度やQOL(生活の質)のスコアを改善しない。 コエンザイムQ10の経口投与(1日500mg投与)により、疲労感やうつ状態を改善し、エネルギーを維持することができるとする研究もあります。 

5.コエンザイムQ10は炎症マーカーを改善する

炎症は、傷害、病原体の侵入、刺激物に対する生体組織の生理的反応であり、主に局所血流の増加による温度上昇、発赤、腫脹、疼痛を特徴とする。 反応性タンパク質(C-reactive protein)、インターロイキン-6(IL-6)、腫瘍壊死因子(TNF-α)。 この効果のメカニズムは、コエンザイムQ10のフリーラジカルの捕捉とNF-κBの活性化が関係していると思われます。 

 6.コエンザイムQ10は男性不妊に効果的

年齢も不妊の原因のひとつです。 ある人口調査によると、男性は40歳を過ぎるとパートナーを妊娠する確率が30%低くなります(30年前と比較した場合)。 メタアナリシス(3試験、296名)では、コエンザイムQ10(CoQ10)の経口投与により精子濃度と運動性が向上することが示されたが、生児や妊娠率の増加に関する効果は不明である。 

 7.コエンザイムQ10は高血圧症に効果あり

一次性高血圧は最も多い血圧疾患(約90~95%)で、直接的な原因は不明ですが、座りがちな生活、ストレス、内臓肥満、過体重、アルコール摂取、加齢など、様々な生活習慣と関連しています。 コエンザイムQ10は、抗酸化作用、内皮機能改善、末梢抵抗低減、過酸化物生成抑制などの効果があるとされ、その摂取は有益とされています。

Coenzyme q10. Fundamentals of healthy eating. Normalization of cardiac activity. Natural organic products with a high content of coenzyme q10
目次

 安全に関する注意事項

1.コエンザイムQ10は、妊娠20週頃から摂取しても安全ですが、授乳中の安全性は不明であり、摂取は推奨されません。

 2.化学療法剤:アルキル化剤との併用は、コエンザイムQ10がこれらの薬剤の効果を低下させる可能性があるため、避けてください。 ダカルバジン、チオテパなど。

 3.コエンザイムQ10は血圧降下作用があるため、低血圧の患者や降圧剤を服用している人は注意して使用する必要があります。

4.コエンザイムQ10は、手術中および手術後の血圧コントロールに影響を与える可能性があるため、手術予定日の2週間前に使用を中止してください。

 5.コエンザイムQ10は血液凝固を助けるため、抗凝固剤のワーファリン(Warfarin)と併用すると効果が低下する可能性があるため、併用しないでください。

 6.就寝時の服用は不眠の原因になることがあるので、朝か午後に服用するのがよしょう。

http://コエンザイムQ10はどのように摂取すればよいのですか? どのくらいの量を摂取すればよいのでしょうか? Q10は脂溶性化合物であり、空腹時に使用すると吸収が遅く制限されるため、一部の研究ではより高用量が使用されています。 そのため、吸収を早めるために食事と一緒に摂ることが推奨されています。 実験では、脂肪を含む食品と一緒に摂取すると、腸管吸収が3倍速くなることが分かっています。
コエンザイムQ10はどのように摂取すればよいのですか? どのくらいの量を摂取すればよいのでしょうか?
Q10は脂溶性化合物であり、空腹時に使用すると吸収が遅く制限されるため、一部の研究ではより高用量が使用されています。 そのため、吸収を早めるために食事と一緒に摂ることが推奨されています。 実験では、脂肪を含む食品と一緒に摂取すると、腸管吸収が3倍速くなることが分かっています。
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次