あなたのペットのためにペットカートの選び方

ペットカートの選び方を、サイズ・耐荷重・車輪の数・タイヤ素材など各方面から紹介していきます。

https://item.rakuten.co.jp/sobuy/ry0065/?s-id=top_normal_browsehist&xuseflg_ichiba01=10015713

、愛犬のサイズに合ったもの選びましょう。狭すぎても広すぎても落ち着けなくなってしまいます。立っているときは頭の高さから地面まで数インチ、横になっているときはつま先の上部から尾骨の上部まで18〜24インチの範囲にあることが望ましいです、特に多匹を飼う時、ワンちゃんのサイズの合わしてカートの空間を調整します。

https://item.rakuten.co.jp/sobuy/abx0009/

2、特に重い犬や荷物をたくさん運ぶペットを飼っている場合は、商品を選択する前に、記載されている体重制限を確認してください。たとえば、小型犬には通常10kgの体重制限があります。大型犬の場合、範囲は通常40kgから60kgの間です。

3、ペットカートの車輪の数には3輪タイプと4輪タイプのものがあります。中型犬や大型犬の場合は、タイヤが2連になっているものやタイヤのサイズが大きなものがおすすめです。車輪のところ安全ストッパーがある方すすめます。万が一危険があるとき、大事なワンちゃんが守ってくれます。

4、プラスチック製のタイヤは手頃な価格のものが多いのが特徴です。安いし、重量も軽いので、持ち運びの負担を軽減できます。しかし、ガラガラ音がうるさかったり、振動が伝わりやすいといったデメリットもあります。

5、軽量素材のものは、持ち上げて運んだりする際、負担が少ないのが特徴です。階段など持ち上げて運ぶことが多い方は軽いものを選ぶといいでしょう。

6、犬は体温をうまく調節できないため、環境温度を管理する必要があります。特に、暑い時期には直射日光が当たらず、メッシュパネルが開いている、または換気の良いカバー付きのカートを選択してください。https://item.rakuten.co.jp/sobuy/prdgkt003/

7、犬が顔を出したり、動いたりすると落下してケガをしてしまう危険があります。カードを購入する際には、飛び出し防止用のリードがついているかチェックしましょう。複数頭を同時に乗せる場合は、頭数分の飛び出し防止リートがあるか確認してください。

8、商品によって重さが違うので、片手で押せるものがいい、重量があり安定して物を選びましょう。安い買い物ではないからこそ、自身に合った重さのものがおすすめです。

9、ペットカートは折り畳めるものなら、コンパクトに収納することが可能です。折り畳んでおけば場所を省スペースに抑えられます。ワンタッチで折り畳めるものがカンタンなのでおすすめです。

10、ブランドの製品は確かに品質がいいですけど、機能性、使用頻度に合わせて、より適切な商品を選ぶことも大事です。

https://item.rakuten.co.jp/sobuy/prdgkt003/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次