【最適切なシェーバー】各方面から比較!!!メンズの選択

「安くて機能性の高い電動シェーバーが欲しいんだけど、種類が多すぎて選べません。何かおすすめってありますか?」

メンズシェーバー選びは、本当には難しい。

短時間で効率よく剃れるモデルを選べば、毎朝の身支度にかける時間は短縮されるが、ヒゲが薄い人や皮膚が弱い人が安易に深剃りモデルを選ぶと、肌を傷めてしまう可能性がある。肌への負担をかけてから、肌トラブルを引き起こし、肌の老化の進行を早め、しまいには“老け顔”の原因にさえなりかねない。「自分のヒゲや使い方に合った電気シェーバーを選ぶ」という重要なことです。シェーバー売り場は、フィリップス、ブラウン、パナソニック、マクセルなどのブランドがある、様々なシェーバーの中には一番自分に適切のものを探しましょう。

一体どんな違いますか?

✅ 電気シェーバーの代表的な3種類の駆動形式「ロータリー式」「往復式」と「回転式」

駆動形式「往復式」

往復式は、外刃で捕らえたヒゲを、左右に往復する内刃で剃る駆動形式。

内刃が高速で往復し、濃いヒゲから太いヒゲ、細い毛、くせ毛、寝た毛まで、しっかりと捕らえて剃り上げる。外刃の枚数は3~5枚がよく見られます。刃の枚数が多いほど、シェービング時間は短縮される。時間のない朝に使うにはぴったりだと思います。

でもその反対面で、刃が多いモデルは、肌との摩擦が強くなりがちで、薄いヒゲの人にとってはオーバースペックなことも。剃った部分が傷ついてヒリヒリしてしまうことがあるのだ。近年の「往復式」モデルは、肌の凹凸に合わせて動くヘッドや、摩擦を低減するローラーの搭載など、肌への負担軽減をうたう機能を備えたモデルも多く、ヒゲが濃い人向けとも言えない。

なお、ブラウンとパナソニックの往復式電気シェーバーでは、「濃いヒゲ」用4枚、5枚刃の電気シェーバーを、「やや濃いヒゲ」用3枚刃シェーバーを分けているようです。

駆動形式「回転式」

「回転式」は、扇風機の羽根のように回る内刃でヒゲを剃る駆動形式。

円形の外刃の中で、内刃が回転運動することでヒゲを剃り上げる。もみあげなどの剃りたくない個所の剃り分けが難しい半面、外刃が触れる面積が大きいために広範囲に剃れるメリットもある。使用時の動かし方も独特で、「往復式」が本体を上下に動かすいっぽう、「回転式」は刃が肌の上で円を描くように本体を回しながらシェービングする。「回転式」は1度に広範囲のヒゲが剃れるので、何度も肌をこする必要がなく、肌への負担やシェービング後のヒリヒリ感が少ないとされている。敏感肌や乾燥肌の人、ヒゲが薄い・まばらな人におすすめだ。

駆動形式「ロータリー式」

ロータリー式シェーバーは、内刃が一定の方向に回転して髭を剃る仕組み。そのため、一度立たせた髭を寝かせることなく剃れます。

また、ロータリー式シェーバーは日立が代表として見られました。日立電気シェーバーのなかで3~4万円などのハイエンドモデルに部類されるシェーバーが少なく、リーズナブルなシェーバーが多くみられます。

この3つの駆動形式には、それぞれメリットとデメリットがあるが、最新モデルにおいてはどれもデメリットをある程度解消する機能が搭載されているので、一様に「濃い人にはこれ」「薄い人にはこれ」と断言できない。結局は、実際に使ってみて、動かし方や肌に当てた時の感触、剃り具合が、自分の顔の形やヒゲに合っているかどうかを確認する必要がある。

駆動方式以外にチェックしたいのが、使い勝手に関する機能だ。

特に「風呂剃り対応」「電源方式」「洗浄器の有無」はチェックしておきたい。

お手入れは簡単ですので洗浄器付きのは主流です、同じ電気シェーバー本体でも、付属モデルと非付属モデルがラインアップされていたりする。メーカーによって機能は多少異なるものの、なかには電気シェーバー本体を入れておくだけで洗浄、乾燥、潤滑化、充電まで行ってくれる高機能洗浄器もある。洗浄器があれば、メンテナンスは非常に楽になるが、付属していればもちろん価格は上がるため、付属モデルを選ぶかどうかは予算との相談になりそうだ。

✅ 人気電気シェーバー14モデルの比較

電気シェーバーの主要メーカーの特徴を見てきましたが、結局のところ、どうやって選べばいいのか? と思っている人もいるでしょう。

まず、「往復式」「ロータリー式」「回転式」のどれがいいかを決めます。それぞれの方式に優劣がつけられないなら、デザインやグリップで選ぶのもあり。毎日使うものなので、理論というよりも直感で決めることも大切です。特にグリップ感は、実際に店頭で握って確かめるようにしてください。

あとは、自分のヒゲの量、密度、生え方、太さ、硬さ、毛質を考慮して選んでいきましょう。もちろん、本体価格、替刃、洗浄液といった予算もチェックすることを忘れずに!

目次

ここでアドバイス

■主張:値段が高いものは確かに機能性的良いだと思います。刃の枚数が多いほどより効率的に剃れるのは事実。本体の耐久性、肌へやさしさ、深く剃れること、洗浄機があるかどうか、自分希望するの価格区間など、自分のニーズに合わせて商品を選びます。

■理由:個人差がありますので、髭がきれいに剃れるのは目的、それゆえ、ヒゲの硬さ、濃さ、肌の調子を事前に調べることが必要。薄いヒゲの人三枚刃が十分剃れるので、五枚刃六枚刃が絶対必要では言えないです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次